古い薄暗い部屋を明るくキレイにリノベーションするガイド

>

リビングを明るくリノベーションしよう

リビングの壁や床を明るく

リビングは人が滞在する時間が一番長い場所です。そのためだんだんと壁や床が汚れて傷んできます。
自然と家族が集まってくるリビングを目指して、壁紙や床を明るい色に変えてみましょう。
リビングは頻繁に人が出入りするので、汚れや臭いが壁につきにくい壁紙を選びましょう。ペットを飼っている場合は、消臭機能のある壁紙が特におすすめです。
また、白にこだわらず家具や家電に合わせたり、居心地のいい色を取り入れたりしてみましょう。全体を同じ色にしなくても、一面だけを濃い色やモダンな柄にするなど、アクセントを加えることもできます。
床も明るい色を選ぶと、部屋全体の雰囲気が明るくなります。濃い色のフローリングを選んだ場合は、壁の色は明るめを選ぶことをおすすめします。

広いリビングを区切って片付けやすくする

リビングが雑然としてなかなか片付かないことを悩んでいる方は多いと思います。
リビングを広く作っている場合は、部屋の一部を壁で区切ってクローゼットを作ってみてはいかがでしょうか?わざわざ増築することもなく、壁を作るだけ。壁の向こうに収納を用意して、雑然としたリビングを一気に片付けてしまいます。テレビの後ろが壁なら、そこに壁を作って、クローゼットを作ることができます。
この方法は、リビングに収納家具を用意するのではなく、壁で区切ってしまうので、物が増える感覚はありません。出したらしまう行動を徹底して、使った物はさっとクローゼットに片付ける。すべては壁の向こうにあるので、リビングを居心地のいい空間に仕立てられます。
また、区切った壁を壁紙で工夫したら、白など明るい色でリビングを明るくすることもできますし、濃い色や模様の壁紙でアクセントをつけることもできます。


この記事をシェアする